◆カムカムによる取り組み


カムカムを用いて貧困対策社会問題対策麻薬問題対策自然保護対策などの活動が進められています。

 

1.貧困対策  
作物を植えても殆ど現金収入が得られないアマゾン地帯で、カムカムの栽培を促進し、収穫出来たものを妥当な価格で販売することによって住民たちが経済的に豊かな生活をおくれるようにする為の活動が行われています。

・・・

2.社会問題対策  
主に農村地域の貧困層の為に活動していたグループが過激化して、ゲリラ集団、テロリストになってしまいました。  
カムカムを栽培することにより生活水準を向上させるという方法を、間違った方向に走ってしまったグループにも理解してもらい、武器を置いて健全に働くように 指導する活動が行われてきました。

 
 

3.麻薬問題対策  
現在コカインの原料になるコカの主な産地はペルーです。  
農民達は、他に現金収入が得られる作物がなかったので、生きていく為に不法と知りながらもコカを栽培して来ました。  
しかし農民達は、コカの替わりに収入を得られる作物があればそれを栽培することを望んでいます。  
これらの農民達に、コカの替わりにカムカムの栽培を奨励しコカの栽培面積を減少させる活動が行われています。


 

4.自然保護対策  
アマゾン森林地帯は植物が大量の酸素を供給してくれるので地球の肺とも言われていますが、乱伐により森林面積が急速に減少しつつあります。これ は現地の人達だけでなく全人類にとっても大問題です。
カムカムは、時期によっては水没してしまい他の植物を植えることが出来ない場所でも栽培可能です。
経済的に余裕のない人達にただ単に植林をしてもらうことは非常に難しいですが、収入が得られるものであれば可能になって来ます。
カムカムを植林し森林面積を増やすことによって自然保護を目指す活動が行われてきました。


2014/4/1